群馬で相続・遺言の相談なら「司法書士狩野ファーム事務所」

終活についてのご案内

  • HOME »
  • 終活についてのご案内

終活についてのご案内

もしも自分が入院してしまったら・・・。認知症になってしまったら・・・。亡くなった後のことはどうなるんだろう・・・。

そのような心配を解消して、自分の老後を安心して過ごすために必要になる遺言書と5つの生前契約書を紹介します。

・任意後見契約書

もしも自分が認知症になってしまった場合に備えて、自分の財産財産の管理をしてくれる後見人を自分元気な内に選んでおけます。

詳しく👉こちら

・見守り契約

任意後見契約を結んだ人と、定期的に連絡・面談を行い、サポートの必要性を確認し、後見開始のタイミングを確かめてもらえます。

詳しく👉こちら

・死後事務委任契約書

遺言書や後見人には任せられない、葬儀のこと、病院の最後の精算、死亡に伴う各種届出等をお願いすることができます。

詳しく👉こちら

・遺言書

自分の財産を誰に残すかを決めておきましょう。

詳しく👉こちら

・尊厳死宣言書

延命治療を打ち切って、自然の死を迎えたいという想いを実現するため必要になります。

詳しく👉こちら

・財産管理委任契約書

入院したり、介護状態になってしまった時に、金融機関でお金をおろしたり、役所での手続きなどを代わりに行ってもらうことができます。

詳しく👉こちら

 

生前契約書の活用例

ケガや介護状態で外出するのが大変になってきたら

財産管理委任契約」を使用して、お金をおろしたりや公共料金の支払い、役所での手続きを代わりに行ってもらいましょう

認知症になってしまったら

任意後見契約」を開始して、あらかじめ結んでおいた契約内容に基づき、任意後見人が、あなたの生活を一緒に考え支援します。

判断能力が衰えたあなたに代わり、家庭裁判所が選任した任意後見監督人が任意後見人に不正行為が無いようにチェックします。

亡くなってしまったら

・「死後事務委任契約」を開始して、役所での死亡の手続きや葬儀・火葬に関する手続き、遺産の整理、病院や施設の精算手続きを行います。

・「遺言書」を使用して、自分の財産を残したい人に承継します。

 

 

🏠HOME

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0279-51-8541 9:00~20:00(月曜~土曜)

PAGETOP
Copyright © 司法書士狩野ファーム事務所 All Rights Reserved.